福島県の過払い金請求は無料相談の杉山事務所へ

福島県の過払い金請求は無料相談

福島県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

過払い金請求はデメリットがすくなくメリットが大きい手続きです。デメリットは理解すれば恐れる必要はなく、経営不振による貸金業者の倒産や最終取引日から10年経過すると成立してしまう過払い金請求ができなくなってしまうまえに早めに手続きしてください。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。
過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 福島県で過払い金請求をお考えの方は、無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

福島県での過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、ご相談ください。

福島県の過払い金請求を対応

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

仙台事務所

所在地 〒980-0811
仙台市青葉区一番町3-6-1
一番町平和ビル8F
電話番号 0120-566-882 ※通話無料
電話番号 0120-566-882
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 宮城県、宮城県福島県山形県秋田県岩手県

>>仙台事務所 詳細とアクセス

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

東北地方の玄関とも言える福島県。都心からのアクセスのしやすさと共に、自然豊かな景勝地、史跡があるので日帰り旅行などに非常におすすめです。また、観光と言えば食事ですが自然の幸を十二分に楽しめますよ! ここでは、福島県の魅力についてご紹介します。

日本でも県面積が第3位に入ってくる福島県。「福島」という名前は、県内にある福島城として使われたのが始めてと言われています。東北地方と関東地方の境目にある県となっているので、東京都心から新幹線を使えば1時間ちょっとで行けるアクセスの良さがウリです。 県内の主要都市は福島市・郡山市・いわき市の3つ。行政の中心区で、果物果樹地帯を形成している地域となっている福島市。商業や内陸工業地帯となっている郡山市。広大な面積を持っており、福島の漁業や沿岸工業が中心となっているいわき市です。また、会津地方は多くの史跡が存在しており会津若松市・白河市は街全体が歴史都市となっています。

福島と言えば史跡めぐりがおすすめ! 会津藩は福島を治めていた藩で、戊辰戦争時に最後まで抵抗した藩としても有名です。県名は今でこそ福島となっていますが、文化的・歴史的な気質において会津の影響力は非常に大きかったです。 会津名残の史跡として有名なのが鶴ヶ城。戊辰戦争時にも落城しなかった名城として有名です。春は周りの桜が満開となり、冬は雪でまっしろになり全く別の顔を見せてくれます。また、現在ではプロジェクトマッピングをやっているなどイベントにも力が入っています。 また、お城だけでなく江戸当時の街並みを感じることができる「大内宿」があります。芽ぶき屋根の民家は、江戸へ向かう道中の宿場となった重要な記録が残る場所です。昭和56年には重要伝統的建造物群に指定されています。 史跡を歩いて当時の空気を感じると共に、大内宿でぜひ食べたいのがねぎそば! お椀に注がれたそばを太い白ネギを箸代わりに食べるという会津独自の食事が楽しめます。

福島には山の名所が点在すると共に、温泉街があるのも特徴です。温泉と共に山々の景色を堪能できるため、日帰り旅行におすすめの場所となっています。 特に、温泉街の中でおすすめなのが東山温泉です。2013年の大河ドラマ「八重の桜」の舞台となった会津若松の近くということもあり、非常に人気スポットの1つでもあります。また、温泉街としても非常に有名です。 この温泉街でも特に入ってみたいのが「庄助の宿 瀧の湯」です。会津若松の民謡にも登場する名湯で、施設内も高級感漂う温泉となっています。お湯の気持ちよさはもちろん、ガラス張りの窓から見える景色は絶景です。もう1つは「御宿東鳳(おんやとうほう) 棚雲の湯・宙の湯」です。こちらの温泉には、2種類の展望露天大浴場があるのが特徴。展望露天大浴場から眺めることができる山々は、悠然で体と心をもみほぐすのに最適ですよ。

せっかくの旅行なのに雨が降って史跡めぐりが十分に行えなかった。そんなとき、行ってみたいのが「スパリゾートハワイアンズ」です。この施設は「フラガール」という映画の舞台にもなったところです。 「スパリゾートハワイアンズ」は、雪や寒い時期でも地元住民が楽しめる施設として作られた場所。各種イベントやプール、温泉、エステ、さらにゴルフまで楽しめる施設となっています。宿泊することも可能で、食事も洋風なハワイアンテイストを味わえるのが特徴です。 この施設最大のおもしろいところは、イベントでフラガールが踊ってくれる点。名前にある通り「ハワイ」な雰囲気を味わえるイベントとなっていますよ! 「スパリゾートハワイアンズ」へは路線バス新常磐交通「ハワイアンズ行」のバスがあるのでアクセスも楽チンです。

福島のグルメと言えば「喜多方ラーメン」を挙げる人も多いでしょう。太めの平手打ちの縮れ麺はコシがあり、醤油味の透明な豚骨スープがしっかりと絡んできます。豚骨スープと言ってもしょうゆ味のほうが強いので、あっさりしていてスルスルと食べてしまうラーメンです。何でも地元の人は「朝ラー」という喜多方ラーメンを朝から食べる風習があるみたいです。 喜多方ラーメンを食べるのにおすすめなのが「坂内食堂」さん。分厚い自家製チャーシューと共にたっぷりのネギは相性が良く、スープもダシが効いていてお腹と共に心を満たしてくれる1杯です。ちなみに、朝からラーメンを提供しているお店の1つになっています。JR磐越に視線喜多方駅より市役所方面へ20分ほど歩いた場所にあります。

いかがでしたか? この記事では福島の歴史や観光、見どころスポットについてご紹介しました。 福島は元会津藩ということもあり、有名な史跡がたくさん残っている県です。関東地域からだと日帰りでアクセスもしやすいので、観光と温泉を楽しんでみてはいかがでしょうか?

福島県での過払い金請求にかかる費用

過払い金請求は「過去に間違って払い過ぎてしまったお金を取り戻すための手続き」です。 具体的には、消費者金融などの貸金業者を相手にお金を返してもらうための交渉を行っていくことになります。

過払い金請求は自力で行うことも決して不可能ではありませんが、弁護士などの法律の専門家のアドバイスを受けながら進めるのがおすすめです。 過払い金請求は最終的に裁判になるケースも多く、手続きの仕方を正しく理解しておかないと返ってくるはずのお金が返ってこなくなってしまうというケースも考えられるためです。 ここでは過払い金請求の基本的な手続きや流れについて確認しておきましょう。

過払い金請求を行うためには、まずは「過払い金がほんとうに発生しているのか?」を知る必要があります。 過払い金の金額を計算するためには貸金業者との過去の取引履歴を取得する必要があります。取引履歴は貸金業者側に開示請求を行うことで過去のものを取り寄せることが可能ですので、現在過去の資料が手元にないという方でも問題はありません。

取引履歴を手に入れたら、表計算ソフトなどを使って「引き直し計算」を行います。 引き直し計算というのは「法律にしたがった利率で支払いを行っていたらどれぐらいの金額になっていたのか?」を計算し、実際に支払った金額との差額を求める計算です。 引き直し計算の結果算出された金額が過払い金ということになります。

引き直し計算まで行うためには法律的な知識が必要になるので、難しい方は弁護士などの専門家に相談するようにしましょう。 専門家事務所に行くときには取引履歴がすでに手元にある方はその資料を、手元になにも資料がないという方の場合は「過去に取引した貸金業者の名前とだいたいの時期」の2つを用意しておくと良いでしょう。

過払い金の金額が計算できたら、その金額を貸金業者側に請求します。請求は内容証明郵便などの証拠が残る形で行うのが一般的です。 請求後には貸金業者側から和解案が提示されることが多いです。これは貸金業者側に有利な金額での返還に応じる代わりに、早期に事件を解決することに応じるというものです。

和解案はたいてい貸金業者に有利な内容になっているため、過払い金全額に利息をつけて返してもらいたい場合には裁判に訴えることになります。 裁判手続きは自分でも行えますが、法律的な知識が必要となるので、弁護士や司法書士に手続き代行を依頼するのが適切です。 裁判所に対して申し立てを行い、1回から数回の口頭弁論期日を経て裁判所の判決が出ます。 過払い金事件に関しては事実関係に誤りがなければ貸金業者側も積極的に争ってくることは少ないようです。

判決が出たら貸金業者側から過払い金の返還が行われます。すでに借金を完済している場合には銀行振り込みで、 借金の残高がまだあるという場合には残高からの清算という形で決着することになるでしょう。

以上、過払い金請求の基本的な手続きの流れについて解説させていただきました。 過払い金請求は自力で行うこともできますが、貸金業者のような「したたかなお金のプロ」と法律的な知識のない人が対等に交渉していくのはあまり現実的とは言えません。 時間と労力をかけて過払い金請求の手続きをしても、結果として返してもらえるはずのお金を返してもらえないということになってしまっては目も当てられませんよね。

過払い金請求は自分でもできますが、弁護士などの専門家に依頼することでストレスなくスムーズに進めることが可能です。 専門家の事務所では無料相談にも応じてもらえますので、一度は相談しておくと良いでしょう。