愛媛県の過払い金請求は無料相談の杉山事務所へ

愛媛県の過払い金請求は無料相談

愛媛県で当事務所が選ばれる理由

過払い金請求で取り戻せる金額は、ご自身の借入れの状況や借入れ先の貸金業者によって異なりますが、手続きを依頼する司法書士事務所・弁護士事務所によっても異なることをご存知でしょうか?
過払い金請求を依頼するなら、過払い金問題に強い、信頼できる事務所を選ぶことがポイントです。
取り戻せる過払い金の額は、貸金業者との交渉力が大きく関わってきますので、過払い金請求の経験やノウハウをもっている事務所に依頼することが重要といえます。

残念ながらすべての司法書士事務所や弁護士事務所が過払い金請求に長けているわけではありません。過払い金請求手続きの経験が少ない事務所もありますし、そもそも過払い金請求手続きをおこなっていない事務所もあります。
過払い金請求のご相談を月に3,000件以上承っております。
また、ビジネス・経済誌「週刊ダイヤモンド」誌にて「消費者金融が恐れる司法書士」日本一
に選ばれたこともあり、過払い金請求の実績について評判をいただいております。 愛媛県で過払い金請求をお考えの方は、無料相談をご利用ください。
遠方の方やご来所いただくのが困難な方に対して出張相談もおこなっております。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
過払い金請求についてのお問い合せ・ご相談は下のボタンをタッチ!お電話でのお問い合せはこちらメールでのお問い合せはこちら営業時間

愛媛県での過払い金請求にかかる費用

着手金 過払い金報酬
任意整理 無料 過払い金の返還請求に成功した場合の報酬 返還された額の
20%(税抜)
過払い金請求 無料

過払い金請求のご相談は無料でおこなっております。 着手金も無料ですので、
「過払い金がいくらあるのかわからない」
「そもそも過払い金が発生しているのかどうか調べてほしい」
という方も、安心してご相談ください。
過払い金が発生していた場合に限り、戻ってきた過払い金の中から費用をお支払いいただきますので、初期費用は一切かかりません。

借金を返済中の方も過払い金請求することが可能です。
戻ってきた過払い金で借金を減らすことができ、毎月の返済がラクになる方も多くいらっしゃいますし、過払い金で借金を完済できる方もいらっしゃいます。
借金を返済中の方の過払い金請求についても、ご相談ください。

愛媛県の過払い金請求を対応

個別出張相談受付中

個別出張相談受付中

広島事務所

所在地 〒730-0011
広島市中区基町6番78号
リーガロイヤルホテル9F
電話番号 0120-135-325 ※通話無料
電話番号 0120-135-325
営業時間 【年中無休】9:00~19:00
対応可能エリア 広島県島根県愛媛県

>>広島事務所 詳細とアクセス

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。
お問い合わせ0120-122-3700120-122-8120120-131-2610120-132-1730120-135-3250120-153-5650120-566-882お問い合わせ

愛媛県はしまなみ海道で本州と繋がっている四国の玄関口です。本州からしまなみ海道へは西瀬戸尾道ICから入ることができ、瀬戸内に浮かぶ多数の島々を渡りながら進む60kmの道のりはドライブやサイクリングの人気のコースでもあります。しまなみ海道には数々のグルメスポットがあり、その島の特産品を使ったスイーツや、瀬戸内海の新鮮な魚介を使った料理などの名物を味わうことができます。また、今治市大三島美術館、ところミュージアム大三島、平山郁夫美術館といったアートスポットもあり、ドライブの合間にゆったりと芸術を鑑賞できるのも魅力的です。
しまなみ海道は島と島の間を結ぶいくつもの橋から成っています。その中の一つである来島海峡大橋は、1999年に完成した世界初の三連吊り橋として知られています。しまなみ海道の玄関となっている今治市には来島海峡展望間があり、この橋を見渡せる絶好の場所となっています。昼間には海と橋、瀬戸内の島のコントラストを目にすることができ、夜には美しい夜景を楽しむことができます。
今治市はタオルの生産地として有名です。上質な今治タオルは全国で愛用されており、各地に今治タオルのショップが展開されるほどの人気です。このタオルの本場である今治にはタオル美術館があります。タオルがアート作品として展示されており、ギャラリーやお土産はもちろん、タオルの製造工程が見学できるコーナーなど見所が満載な美術館です。

愛媛県には約3000年の歴史を誇る道後温泉があります。旅の途中に倒れた少彦名命を大国主命が温泉に浸けて回復させた伝説や、この温泉で傷を癒した白兎伝説など数々の伝説があります。この温泉街とシンボルとなるのが道後温泉本館です。国の重要文化財にも指定されており、「又新殿」と呼ばれる日本で唯一の皇室専用の湯殿もあります。本館は神の湯と霊の湯の2種類の浴室と、いくつかの休憩室があります。何を選択するかによって入浴コースが異なるので、何度行っても違った気分を味わうことができます。又新殿や坊ちゃんの間、展示室なども見て回ることができるので、温泉でゆっくりと温まった後は気分転換にゆっくりと館内を散策するのも良いでしょう。

また、松山は「坂の上の雲」の主人公である秋山真之、秋山好古、正岡子規の故郷として登場しており、松山城やその周辺の地域では「坂の上の雲」に関連した観光名所があります。2007年には坂の上の雲ミュージアムがオープンし、登場人物の紹介や事件などがパネルや映像を使って展示されています。
正宗寺には正岡子規の生家の一部が復元された子規堂があり、勉強部屋には机や遺品なども展示されています。歩行町には秋山兄弟生誕地もあり、2人の親族からの話が聞けるビデオ映像や資料などが展示されています。当時の時代背景や生活を肌で感じることができ、小説やドラマを知らない人でも十分に楽しめるエリアです。

四国に来たからには一度はお遍路を体験してみたいという観光客に人気なのが、松山市内の霊場巡りです。愛媛県内に26か所ある霊場のうち、第46番浄瑠璃寺から第53番円明寺までの8つの寺が松山市内にあります。比較的歩きやすい平坦な道が続いているので初心者でも回りやすく、ほとんどの道のりを徒歩で回ることができます。51番石手寺から52番太山寺は12.5kmほどありますが、バスなどの交通機関もあるのでうまく利用すれば1日で八か所参拝することも十分可能です。

愛媛県の東部は東予エリアと呼ばれており、新居浜や西条、四国中央がこの地域に該当します。新居浜や西条では毎年10月に大規模な太鼓祭りが行われます。豪華に彩られた巨大な太鼓台が街中を練り歩く姿は圧巻です。新居浜太鼓祭りは四国三大祭りの一つにも数えられ、その激しさから男祭りとも呼ばれるほど迫力があります。四国中央市でも四国中央紙まつりと呼ばれる祭りが開催されます。毎年7月の最終土日に行われ、紙踊りや書道パフォーマンス甲子園など、紙の街である四国中央市ならではのユニークなイベントです。
東予エリアにある別子銅山は日本三大銅山の一つでもあり、その異国情緒溢れる神秘的な雰囲気から「東洋のマチュピチュ」として注目が集まっています。採掘が行われていた最盛期には1万人もの人々が暮らしており、マイントピア別子東平ではかつての賑わいを物語る巨大な赤レンガの建物を見ることができます。

また、豊かな自然が広がっているのも愛媛県の大きな魅力です。愛媛には四国カルストと呼ばれる広大なカルスト台地があります。その広さは高知と愛媛にまたがって東西に約25㎞にもおよび、日本三大カルストの一つに認定されています。緑の高原一面に、羊の群れのように点在する石灰石が並んでおり、家族やカップルが多く訪れます。天気の良い日には室戸岬まで見渡すこともでき、ドライブスポットとして人気があります。ドライブコースの途中にはカフェや牧場で採れた牛乳を使ったスイーツが販売されているミルク園などもあります。天気の良い休日には是非足を延ばして訪れたいスポットです。

愛媛県での過払い金請求について

2006年の貸金業法改正以前に消費者金融やクレジット会社から借り入れがあり、利息制限法の制限金利を越える所謂グレーゾーン金利が適用されたもとで取引を行っていた方は過払い金が発生している可能性が高く一刻も早く払い過ぎたお金を取り戻す事が急がれます。

今年2016年でグレーゾーン金利が撤廃されてからちょうど10年となり過払い金請求には最後に取引を行った日から10年という時効が存在するためなおさら急ぐ必要があり、10万円、100万円ともなる過払い金が水の泡になる事だけは避けなくてはなりません。
過払い金請求の最大デメリットは過払い金請求ができなくなってしまうことです。その他のデメリットは理解すれば恐れる必要はなく回避することもできます。

まず過払い金請求を行うためには法律のプロでもあり信用、信頼が持てる弁護士や司法書士事務所に依頼することになりますが、無料にて行える相談のあと依頼する決断をし過去に取引があった業者名や借り入れ期間、借り入れ金額などを記入するだけで自分で行う事は無く、後は過払い金が返還されるまで何もしなくても良い事が最大のメリットとなります。 また弁護士や司法書士事務所に依頼した時点で完済されている方はブラックリストにも登録されますが、注意点としまして借金を返済中の方が過払い金請求を起こす事は債務整理扱いと見なされブラックリストに登録されてしまうというデメリットもあるのです。
ただ過払い金で残高が全て完済できるケースはブラックリストには登録されませんが、残債が少しでも残ってしまう事が債務整理として登録されてしまう事になるので十分な注意が必要です。

過払い金請求を行う事で過払い金請求をかけた消費者金融やクレジット会社では二度とお金を借りる事ができなくなるデメリットもあり、住宅ローンや教育、マイカーなどローンを組む必要がある場合でもクレジットカードを作成する事はできなくなりますので注意が必要となります。
過去に業者から借り入れがあった方の中には、多重債務に陥るのはもう懲り懲りで消費者金融からお金を借りれなくなる方が安心できると考える方も多いでしょう。 ただ払い過ぎたお金でもある過払い金は債権者にとりまして取り戻す権利があり最高裁も認めた判決が出ていますので、10年という時効を迎える前に過払い金請求を行う必要があるのです。

過払い金請求には弁護士や司法書士事務所に依頼してお金を取り戻す事ができますが、1円でも費用を浮かしたい方やある程度の過払い金の知識や裁判などに詳しい方の中には個人で過払い金請求を行う事もできます。
取引履歴をとりよせ過払い金を息制限法に基づいた引き計算をし、交渉を経て訴訟提起や和解交渉などの出廷に至るまでを全てこなす事が求められるのです。当然郵送物や電話連絡などで家族に過払い金請求がバレる事も予想されます。

司法書士事務所に依頼する費用は多くの場合過払い金を取り戻せた額の数%を成功報酬として支払うことになり、例えば相場とされている20%が過払い金返還成功報酬では100万取り戻せたら20万円が引かれる事になるのです。

自分で過払い金請求を行う事でこの20万円や諸経費を浮かせる事ができますが、長い期間かけて全て自分1人で行う事に対しての対価は判断が分かれるところではあるでしょう。 このように過払い金請求にはメリット、デメリットがあり個人で行う事も可能ですが、確実に払い過ぎたお金を取り戻したいなら信用、信頼が持てプライベートな時間も有効に使える弁護士や司法書士事務所に依頼する事をお勧めします。